Italiano

安全情報

北イタリア安全対策情報

2018年1月~3月

印刷はこちら

1 社会・治安情勢

  1月,ミラノにおいて通勤時間帯に列車の脱線事故が発生したが,邦人被害はなかった。3月,イタリア総選挙に伴いデモが各地で実施され,地域によっては警察との衝突が発生したが,邦人がデモに巻き込まれた旨の連絡には接していない。
  当地治安当局は,テロ予備軍となり得る自己過激化の傾向を示している者やインターネット上でテロの扇動を行ったイスラム過激派等に対する捜査を推進し,こうした者を国外退去処分とするとともに,被疑者の関係者に対する捜査を実施することにより,テロ対策に取り組んでいる。

2 一般犯罪・凶悪犯罪の傾向

  1. 犯罪の傾向
      ミラノ及びヴェネツィア等の観光地,ターミナル駅及び地下鉄・長距離列車内におけるスリ及び置き引きの被害が多く発生している。当地ではグループ犯(多くは女性を含む)によるスリ事件や置き引き事件が多発しており,被害者の多くは犯行前からグループにより付け狙われている様子がうかがえる。また,旅行者が運転する車のタイヤをパンクさせ,タイヤ交換中に荷物を盗む車上狙いも発生している。


  2. 邦人被害事案
    当館ホームページ「日本人の被害状況」参照


  3. 邦人以外の被害事案

    ア 強盗・恐喝

    (ア)1月1日午後6時30分頃ミラノ市セグラーテのフラテッリ・チェルヴィ通りで車強盗が発生したが,警察の追跡により逮捕された。
    (イ)1月16日夕方,ミラノ市ラルゴ・ラ・フォッパ通りで,48歳の男性が3人の男に囲まれ,殴られた上,携帯電話及び200ユーロを奪われた。被害者は4日間の入院措置。
    (ウ)2月4日午後11時40分頃,ミラノ市セグラーテのカッサネーゼ通りの飲食店に2人組の強盗が押し入ったが店員に反撃されたため逃走,その後逮捕された。
    (エ)2月17日午後3時頃,ミラノ市センピオーネ地区のサッフィ通りとヴィンツェンツォ・モンティ通の交差点付近において,女性がバッグを奪われそうになる強盗事件が発生したが,付近のバールにいた若者らが介入し,被疑者は逮捕された。
    (オ)3月9日,ミラノ市ロレンテッジョからセンピオーネ公園までの間で,連続強盗事件が発生。15歳の少年が逮捕された。
    (カ)3月28日午前,スイスのカントン・ティチーノ内イタリア飛地領土に所在するカジノの従業員入口から男が侵入し,拳銃で金庫室を襲い,60万ユーロを強奪し,逃走した。

    イ 殺人

    (ア)2月7日午前3時30分頃ミラノ市ブリオスキ通のアパート内で同居人の39歳の男により,19歳の女性が刺殺された。
    (イ)2月4日,ミラノ市チニセッロのフリウリ通りにおいて,男性が自宅で殺害された。
    (ウ)3月3日,ミラノ市メウッチ通りの移民が多く住むアパートにおいて,口論が原因で男がナイフで刺殺された。
    (エ)3月6日午後6時20分頃,ミラノ市フラヴィオ・アンド通りの自宅において,両親を刺したとして,殺人未遂で28歳の男が逮捕された。被疑者は薬物の影響があった模様。
    (オ)3月16日夜,コモのカントゥにおいて,薬物中毒の孫が祖父を刺殺し逮捕された。
    (カ)3月18日から19日にかけての深夜,ミラノ市チニセッロ地区の公園で男が拳銃で首を撃たれた状態で発見されたが,病院で死亡した。

    ウ その他

    (ア)1月13日午前0時頃,ポルタ・ジェノバ駅ホームにおいて,最終電車に対して落書き等を行っていた若者6名が逮捕された。
    (イ)1月14日,ミラノ市サン・ロレンツォ列柱で警察の取締りが実施され,大麻の密売人等が逮捕された。
    (ウ)1月19日夕方,80番のバス車内で5人の少年らとバス運転手が口論となり,運転手が少年を刺して負傷させた。
    (エ)1月20日午後,YOUPOLという匿名通報アプリによりミラノ中央駅におけるマリファナの売人が逮捕された。
    (オ)1月23日付報道によると,2017年ミラノにおける住宅窃盗は,チッタ・ストゥーディ地区での発生が最も高く,窃盗犯の3分の1がジョージア人であった。
    (カ)2月4日午前1時頃,ミラノ市ファーマゴスタ地区のファエンツァ大通りにおいて火災が発生し,住民が避難する騒ぎとなったが,25歳の男による放火であることが判明し逮捕された。
    (ク)2月9日付報道によると,ミラノ市郊外コルシコ周辺のスーパー間ケットで発生した置き引き連続犯のカップルが逮捕された。
    (ケ)2月24日午後3時頃,ミラノ市デ・アンジェリ駅で不正に改札を通り抜けた男をミラノ市交通局職員が発見し,車内で問い詰めたところ,男が模造拳銃を取り出し,職員に暴行を振るったため逮捕された。この事件により,地下鉄は1時間半停止した。
    (コ)2月26日午後,ロンバルディア州レッコまで電車で帰宅した女性に対し,駅付近で腕を掴んで暗がりに連れ込もうとする性犯罪未遂事件が発生した。
    (サ)2月27日付報道によると,息子や孫を騙った振り込め詐欺事件により,老人から総額200,000ユーロ相当の金品をだまし取っていた5人組が逮捕された。
    (シ)3月12日夜,ポルタ・ガリバルディ地区で軍警察の女性に対して迷惑行為を働いた男が逮捕された。
    (ス)3月15日付報道によると,連続して,ミラノ市内ピオルテッロからメルツォ付近で住宅やガソリンスタンドに対して窃盗を敢行していたアルバニア人窃盗団が逮捕された。
    (セ)3月17日,サンタンドレア通りのミュウミュウに窃盗犯が侵入し,160,000ユーロ相当の商品が盗まれた。
    (ソ)3月23日夜,ミラノ近郊の大型商業施設付近で発生していた少女に対する連続暴行犯がイーモラ市で逮捕された。
    (タ)3月25日午後3時頃,ミラノ市ドゥオモ広場で拳銃を所持している男がいるとの通報を受け,警察が確認したところ模造拳銃を護身用に持ち歩いていたことが判明した。

3 テロ・爆弾事件発生状況

  特になし

4 誘拐・脅迫事件発生状況

(1)邦人被害事案
   なし

(2)邦人以外の被害事案
   なし

5 日本企業の安全に関わる諸問題

  特になし