Italiano
総領事挨拶
総領事写真

ご挨拶

 新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 2019年は,天皇陛下の御退位と皇太子殿下の御即位が予定されており,日本国民にとって重要な節目の年となります。 また,日本で初となるG20の開催(於:大阪),アフリカの首脳が一同に会する第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の開催(於:横浜), ラグビーワールドカップの開催(於:全国12都市)が予定されています。さらには東京オリンピック・パラリンピックを翌年に控えて,日本への国際的な関心が高まる年となるでしょう。
 日本と欧州の関係に目を転ずれば,日EU・EPA協定が2月1日に発効する見通しとなり,日本とイタリアの経済関係が一層深まることが期待されます。 特に経済・金融の中心地であるミラノをはじめとする北イタリア地域には,200を超える日系企業が進出しています。 引き続き同地域の日系企業の皆様と連携しながら,両国の経済関係の発展に努める所存です。
 昨年4月の着任以来,北イタリアの各地を訪問し,数多くの交流事業や日本紹介事業に出席する中で, 政治・経済・文化の多岐に亘る分野で両国の関係が着実に進展していること,またイタリアの皆様が日本に高い関心をもたれていることを肌で感じました。 日本を訪問するイタリア人観光客は増加しており昨年は15万人を超えました。このような機運を活かしながら,両国の関係が一層強化され,両国国民の相互理解が更に深まるよう,力を尽くしたいと思います。
 近年イタリアでは大きなテロ事案は発生していませんが,予断を許さない状況が続いているといわれております。 また,盗難などの犯罪が少なくなく,残念ながら邦人の方の被害も絶えないのが実情です。 本年も在留邦人の皆様並びに旅行者の皆様が安心して当地に滞在することができるよう,領事サービスの提供にも一層努めていく所存です。皆様のご協力とご支援をどうかよろしくお願いいたします。

 平成31年1月
在ミラノ総領事
雨宮雄治