Italiano

パスポート申請用の写真について

2006(平成18)年3月20日からのIC旅券導入と同時に,パスポート申請用の写真の規格についても,国際標準に従い改められました。

パスポート申請用写真の規格変更

  1. パスポート申請用写真の顔の縦の長さ(頭頂から顎までの距離)の変更
    IC旅券の導入と共に国際標準に従い申請用写真の縦の長さを写真縦(45ミリメートル)の70~80%(34±2ミリメートル)に改めました。
    従来の写真規格56~64%(27±2ミリメートル)に比べ,顔の占める割合が大きくなりましたのでご注意ください。
  2. 特にご留意いただきたい点は以下のとおりです。
  • 6ヵ月以内に撮影されたものであること
  • 正面からの撮影で,無帽,無背景であること
  • 目がはっきり確認できること
    眼鏡のレンズが光に反射していないもの
  • 規定のサイズであること
    縦45mm×横35mm
    顔の長さ(頭頂から顎まで)が32mmから36mmの間のもの
  • 写真が鮮明であること
    デジタル写真の場合は,シャギー(段階状のギザギザ模様)がなく,写真専用紙等を使用し,画質が適切なものでなければ受付できないことがあります。
foto sample

《適当な写真例》

申請用写真の規格が国際標準に改めれれてから,写真の画質などに問題があり,再提出をお願いするケースが増えておりますので,写真印刷の際はご注意ください。(受理できない写真例pdf