Italiano

スリ,置き引きなどで貴重品の盗難被害に遭った場合の対処

北イタリアを観光などで訪れている方やお住まいの方の中には,十分気を付けていてもスリや置き引きなどの盗難被害に遭ってしまう方が少なくありません。
このページは,万が一,盗難被害に遭ってしまった場合の対処をご案内していますので,渡航前の予備知識としてご一読ください。
  1. 先ずはクレジットカードなどの貴重品が悪用されないように停止する
    財布や携帯電話を盗難されたことが分かった時点で直ぐにその効力を停止する措置を執ってください。
    カード会社や携帯電話会社の連絡先が分からない場合には当館に電話連絡で照会してください(24時間対応)。
    ※ クレジットカードの裏面に紛失・盗難時の緊急連絡先が記載されていますが,普段から別の形でメモに取っておきましょう。
    1. 主なカード会社の連絡先(イタリアで紛失・盗難に遭った場合)
      • VISAカード:800.784.253
      • MASTERカード:800.870.866
      • JCBカード:800.780.285
    2. 主な携帯電話会社の連絡先
      • NTTドコモ:+81.3.6832.6600
      • ソフトバンク:+81.3.5351.3491
      • au:+81.3.6670.6944
  2. 最寄りの警察署に被害届を行ってください(後に保険会社へ損害補償を請求する時に必要となります)。
    警察署は各都市に点在していますので,被害にあった場所から最寄りの警察署に届出を行ってください。警察署が見つからない場合,巡回している警察官や警察車両に最寄りの警察署を尋ねてください。(「困ったときのイタリア語(紛失・盗難編)」)
    各都市に所在する国家警察県警本部(日本の都道府県警察本部)の所在地はQuestura (Polizia di Stato)のサイトをご覧ください。
  3. 貴重品にパスポートが含まれている場合には,「パスポートを紛失/盗難被害にあった場合」をご覧ください。