Italiano

危険情報

北イタリア治安情勢通報

第1号:2011年の日本人の被害状況
~ 被害からの教訓,ここに注意 ~

2011年邦人被害ワースト3
1位-スリ・2位-置き引き・3位-車上狙い

2011年中,犯罪被害に遭い,当館に届け出た邦人の被害件数は108件(前年比-2件)でした。当館管内での被害は86件(前年比-9件),ローマやフィレンツェ等当館管轄外での被害は22件(前年比+7件)となっています。
当館では,邦人被害統計を2010年から半年毎にまとめていますが,上位3罪種の顔ぶれは変わっていません。
それでは管内での被害状況から,被害者の方々がどのような状態で被害に遭遇しているのか見てみましょう。まず男女別に見てみると,男性が46件,女性が40件となっていて,男性の被害が若干多くなっています。か弱い女性ばかりが狙われていると思っている男性諸氏にあっては,今後一層の注意が必要になります。
在留形態は,観光が46件,出張が24件,長期滞在(留学,駐在等)が16件となっていました。イタリア国内では魅力的な観光名所が随所にあり,慣れない交通機関を利用した移動等でどうしても注意が散漫になってしまいますが,その隙を犯罪者は狙っているのです。
発生場所はミラノが55件と最も多く,ミラノ以外の場所ではベネチア(10件),トリノ(4件),ボローニャ(3件)等で発生しており,観光又は商用等で邦人が多く集まる主要都市での被害が確認されています。
被害場所等の具体例は後述の各罪種の項で説明しますが,各被害状況を俯瞰してみると,スリについては,市中心の主要駅周辺及び地下鉄等乗り物内での被害,置き引きについては,列車内やホテル・レストラン等の施設内での被害,車上狙いについては路上又は高速SA駐車場での被害が顕著となっています。
これら犯罪の被害防止対策として真新しいものはありません。世界的に見ても治安面ではトップレベルの日本を離れ,ここイタリアでの観光,出張等及び長期滞在中に被害に遭わないようにするためには,日本国内と同じ行動様式は通用しないことを理解し,そして自分の安全について要所で意識することがとても大切なことになります。
どのような状況が自分の安全を意識するポイントなのか,そのポイントでどのように行動すればよいのかを考える上で,今回お届けする「2011年邦人被害状況」を是非参考にして頂きたいと思っています。
以下に当館管内(北部8州)で発生した被害86件をもとに,ワースト3罪種別の具体的被害状況と対策についてとりまとめましたのでご参照下さい。(個別の全被害リスト一覧

罪種別被害状況
被害に遭わないために

本通報に関する問い合わせ先
総領事館代表電話:02-6241141 info@ml.mofa.go.jp