Italiano

危険情報

北イタリア治安情勢通報

第3号:ミラノにおける空き巣の注意喚起

2014年2月6日

ミラノにお住まいの皆様,空き巣に十分御注意ください。
先日,ミラノにお住まいの方から,ドライバーを使用したピッキングによる空き巣被害の連絡がありました。また,類似の被害が複数発生しているようです。

空き巣の被害に遭うと,単に金品を盗まれるだけでなく,室内を破壊されることもあり,さらに,大きな精神的ショックを受け,自宅にいつ誰が侵入してくるか分からないといった不安を抱くことになります。

以下を参考に,御自宅を再点検していただき,ドアや窓に対する防犯対策などを普段から心掛けてください。

1.空き巣に狙われやすい家

2.空き巣の苦手な物

  1. 明るいのが苦手 ⇒ 防犯灯など
  2. 音がするものが苦手 ⇒ 犬,警報ブザーなど
  3. 時間がかかるのが苦手 ⇒ 施錠,防犯ガラス,面格子窓
  4. 人目が苦手 ⇒ 人目

3.防犯対策

  1. ドア錠,補助錠の取り付け,丈夫なドア,ガードプレート,ガラス強化フィルムや窓シャッターを活用してください。
  2. ピッキングに強いシリンダーにしてください。
  3. 防犯灯,センサーライト,警報ブザーを活用してください。
  4. ドアや窓には確実に施錠をしてください。
  5. 貴重品は隠し,人目に付かない場所に分散して保管してください。
  6. 合い鍵を目に付くところに置かないでください。
当館ホームページの「危険情報」の「空き巣被害に遭った際の対応について」を参照下さい。


本通報に関する問い合わせ先
総領事館代表電話:02-6241141 info@ml.mofa.go.jp