Italiano

危険情報

北イタリア治安情勢通報

第7号:~地下鉄に乗り込む際のスリに御注意~

印刷はこちらpdf

2015年7月24日

昨年の「北イタリア治安情勢通報2014年第13号」及び「北イタリア治安情勢通報2015年第6号」において,ミラノ中央駅での,スリ,置き引きの発生状況などについてお知らせしています。

本年6月末までに当館に提出された被害届の中で,最も多いものは,スリによる被害となっています。特に中央駅での乗り換えの際や,乗車中に被害に遭われることが多いようです。

最近ミラノの地下鉄内で犯行を重ねていたスリ・グループの検挙について報道されていますが,当館への被害届状況から見ると,依然として多くのスリ犯がミラノ周辺で活動していると思われます。

1.当館に寄せられた被害届の分析結果

当館には,今年6月末までに74件の被害が届けられており,地下鉄,列車内でのスリ被害は,13件で約18パーセントを占めています。またその他の場所でのスリ被害を合わせますと盗難被害は37件と全体の50パーセントに上ります。特に,ミラノ中央駅での乗り換え時や,車内での被害が多発しています。

2.犯行手口及び防犯対策

手口その1
  • 地下鉄に乗り込む際に,背後から近づき,バッグに手を伸ばす。
  • 犯人は,次の駅で降りたり,乗車をやめてホームに止まるなどする。
 手口その2
 空いている車内では,周囲を取り囲む,進路を塞ぐ,またはアクシデントを起こして被害者の注意をそらせ犯行に及ぶ。
犯人像
犯人は,子連れ,妊婦などの女性が多く,イタリア人の犯人も多い。

2015年4月分から総領事館ホームページ「危険情報:北イタリアにおける日本人の犯罪被害情報」内「日本人の被害情報」を改訂しています。
 当館に提出された被害届の分析結果や,注意事項などについて記載していますので,ぜひ毎月御覧になってください。

本通報に関する問い合わせ先
総領事館代表電話:02-6241141 ryojikan@ml.mofa.go.jp(警備班)