Italiano

安全情報

北イタリア治安情勢通報

~スリ犯人の犯行方法~

印刷はこちらpdf

2016年5月25日

昨年の北イタリア治安情勢通報2015年第6号、7号及び2016年2月6日付「2015年の被害まとめ」において、当地でのスリ被害の発生状況についてお知らせしていますが、依然としてスリ被害が当館に数多く届けられています。スリ被害の多くは乗り物内で発生しています。

  先日、当館にスリ被害に遭われた方から、当時の詳しい状況について連絡がありました。事件のポイントと事例をまとめましたので、ぜひ被害防止に役立ててください。


事件のポイント
  1. 当地のスリは、グループ
  2. スリ犯人は、乗り物に乗る前に被害者を捜している
  3. ズボンの前後ポケットに入っている財布、またはバッグの中の取り出しやすい場所にしまわれている財布は狙われやすい
  4. 身近にいた他の乗客が、出発間際に急に降りたら、被害に遭っている可能性が高い!

<被害事例>
  夕方、被害者が、ズボンの前ポケットに財布を入れ、地下鉄駅のホームで電車を待っていたところ、犯人グループ3人に目をつけられる。被害者は、乗車する際に、乗車口を変更したが2人が追随。車内で、別の乗車口から乗り込んできた男1人が切符を拾うふりをして、被害者の足首をつかんでバランスを崩させ、同時に乗り込んだ者らと一緒に被害者を前後から挟んで、財布を盗む。犯人らは、扉が閉まる直前に降車。

昨年、当地の新聞では女性のスリグループの犯行方法を度々記事にしていました。犯人グループは役割分担をしています。1人は財布等を盗み取る実行犯。もう1人は、被害者の気をそらす役。そして盗んだ財布等の受け取り役です。犯人は、乗車の際等に、被害者のバッグから財布を盗み、それを後ろに控えている別の者に渡して、犯行が露見して被害者に追求されても、被害品を持っていないと主張して罪を逃れようとしています。

犯人が被害者の注意をそらせる方法としては、今回のように、突き飛ばす等してバランスを崩させる方法や、小銭をばらまく、わざと被害者の目の前で落とし物をする等があります。

スリ犯人は、被害者が気づかないうちに財布を盗まなければなりません。このため、犯行に及ぶ前に、財布がどこにしまわれているのかを見ています。券売機周辺や、店で物を買った時から被害者を付け狙っている場合もあります。

これから当地を観光で訪れる方が増える季節となります。スリグループも観光客等を狙って当地で活動する可能性があります。ぜひご注意を!

本通報に関する問い合わせ先
総領事館代表電話:02-6241141 ryojikan@ml.mofa.go.jp(警備班)