Italiano

安全情報

北イタリア治安情勢通報

~運転中も偽警察官にご注意を~

印刷はこちらpdf

2016年6月7日

当地国家警察のポリツィア・ストラダーレ(交通警察)によりますと、最近警察官の取締りを装った詐欺事件が発生しているそうです。これまで当地では、路上で警察官を装って、所持品検査を求め、財布等を提示している隙に現金を抜取られる被害や、貴金属を持去られる被害が発生していましたが、これに加えて車の運転者を狙って、同様の犯罪が発生しているようです。
  これから当地を観光や出張で訪れる方の中には、レンタカーを利用される方もおられると思いますが,特に当地の状況に明るくない外国人は標的になりやすいため、お気をつけください。

当地の交通警察によりますと,以下のような手口とのことでした。

こうした取締りを行う交通警察は、必ず制服を着用しているとのことですので、私服の警察官に呼び止められた場合は、身分証の提示を求め、当地の警察への緊急通報番号112番に連絡をしてください。

また3月16日付け北イタリア治安情勢通報でもお知らせいたしましたが、ミラノの中心部でも観光客や出張者を狙う偽警察官が出没しています。不審に思った場合は、身分証の提示を求め、緊急通報番号に電話をして、制服警察官を現場に呼んでください。

本通報に関する問い合わせ先
総領事館代表電話:02-6241141 ryojikan@ml.mofa.go.jp(警備班)