Italiano

安全情報

北イタリア治安情勢通報

自動車パンク泥棒に注意!

印刷はこちらpdf

2017年11月3日

  自動車のタイヤがパンクしていると言われ,運転手が車を降りて確認している間に,車内の荷物を盗まれる被害が10月は5件届けられました。9月末までのミラノ周辺での発生累計は4件でしたので,急増している可能性があります。
  日本では,駐車中の車内からカーナビ等を盗まれる車上狙いが一般的ですが,当地では,運転手や乗客が携帯している現金を盗むことを目的としていることが多いようです。
  犯行方法と対策を参考にして,被害を防いでください。

  1. 犯行方法
    ① パーキングや信号待ちで停車中の車のタイヤを犯人がパンクさせる。
    ② バイクなどで追跡し,犯人が運転手にタイヤがパンクしていることを伝える。
    ③ 車内から運転手や同乗者が降りてタイヤを確認している間に,車内に置かれているバッグを盗む。
    ④ パンクを知らせた者が,タイヤ交換等を手伝っている間に,共犯者が車内から盗むケースもある。

  2. 防犯対策
    ① 旅券及び現金については,小型のバッグに小分けにし,降車時は必ず持っておりるようにする。
    ② 車内の見える場所にバッグを置かない。
    ③ 車を降りる際には,必ずロックする。

本通報に関する問い合わせ先
総領事館代表電話:02-6241141 ryojikan@ml.mofa.go.jp(警備班)