安藤圭子氏に対する叙勲伝達式(令和3年6月16日)

2021/6/21
6月16日、在ミラノ日本国総領事館は、「ミラノ日本文化協会」の創設者で元会長、現理事長である安藤圭子氏に対する叙勲伝達式を執り行いました。安藤氏は、伴侶であられたマッシモ・メイ氏とともに、1975年に同協会を創設し、長きに亘り、生け花講座、日本語教育活動、日本文化に関する様々な題材の講演会や展覧会の実施を通じて、イタリアにおける対日理解促進に貢献されました。特に生け花おいては、華道は自己鍛錬のための手段でもあることを説き、師範として活発に活動され、後進の育成にも熱心に取り組まれてきました。こうした功績が認められ、令和元年秋の叙勲において旭日双光章を受章しました。
雨宮総領事は安藤氏に勲記及び勲章を授与し、今回の受賞への祝意を表しました。これに対して、安藤氏は、故メイ氏との二人三脚の歩みを振り返りながら、叙勲に対する喜びと、同協会の活動を支えるメンバーへの感謝の言葉を述べられました。
在ミラノ日本国総領事館は、安藤氏のこれまでのご活躍に敬意を表するとともに、改めて今回の受章を心よりお祝い申し上げます。
(注)本件叙勲伝達式は、当初令和2年2月下旬に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、延期になっていたものです。


祝辞を述べる雨宮総領事




総領事と安藤氏




総領事夫妻と安藤氏


安藤氏とミラノ日本文化協会メンバー




安藤氏とミラノ日本文化協会メンバー




乾杯の様子